ブログ

イヤホンの話 その3

2014年10月18日更新

こんにちは!



新たに使い始めた、iPhone5に付属してたこのイヤホン。
 

前回ブログ「イヤホンの話 その2」で語った通り、早速問題が発生しました。


それは音割れ!!!


iPod側の設定は今までと全く同じ、なんなら音量はMAXの1/3という耳に優しい設定でありながら、部分的ではなく常に音割れしてるような状態…


一体何故!?





思い出すんだ自分ーーー



コイツははじめから音割れしていたわけではない…!!



そう、EQをいじったあの時からだ!!!!!


いじったEQのイメージ図

 

こっからEQをフラットに戻すと、音割れはなくなりました。


 

解決!!!



だがしかーし、今までよく聴こえていたギターや歌が引っ込んでしまったような感じで、物足りなさは否めない…


フラット設定とはいえ、イヤホン自体にもそれぞれ出音の違いがあるわけで、俺の受けた印象だとこのイヤホンははじめからちょっとドンシャリ気味だったのです。

 


とはいえ音割れしてる音楽を聴くのはもっと辛い…



というわけでやむなくフラット設定で聴き続けることに。




でも、人体・耳とは不思議なもので、はじめはドンシャリ気味でギターが聴こえにくいと感じていたものの、慣れてくると全然そんなの気にならなくなり、今となってはむしろこれくらいのバランスが丁度いいんじゃないかと思うようになってきました。



久々に前の設定に戻すと、ギターや歌が余計に出てる感じがしてむしろ違和感を感じるように…汗



だから思ったんです。

自分が思う音の基準って案外あてにならないんだな~って。


ドンシャリだとか、中音域を上げた音(極端にやると電話の声みたいな)だとか、そういう特徴のあるバランス設定はあるにしても、本当のフラットって一体どのくらいのバランスなんだろうと。



自分が今まで聴いてたものより低音域が強いと、「あ、低音が出てるな」って思うし、今までより高音域が強いと「あ、高音域が出てるっ」て思うけども、それは今まで聴いてたものが自分の基準になってるからで、はじめから高音域の強いもので聴き慣れていたら、そうじゃないものを聴いた時には「あ、高音が弱い」って思うハズ。



色々書きすぎて結局何が言いたいかよく分からなくなってきたんですけど(汗)、俺がイヤホンを変えてみて思ったのは、この慣れってやつは面白いことだし、反面ちょっと恐いなって感じたんです。



ひとつのものに固執せずに、色んなものを見た方がいい。


よく言われることですけど、それで気付くことってあるんだな~と。



固執することが必ずしも悪いとは思わないんですけどね。


でも他のものを見る事で、何か自分の視野を広げるきっかけが出来たら、それはそれでとてもいいことなんじゃないかと!!




うん、なんか良さげなこと言った気がする!!!笑



イヤホンの話だったのかよく分からないですけど、とりあえずまとまった気がするんでこのへんで。汗



それでは~~




今ならM2MusicSchoolはお得なキャンペーン実施中です!!

お陰様でM2 Music Schoolも開校3周年を迎えました!
そこで。。。
☆ 赤字覚悟
☆ 毎月5名様限定
で、開校3周年記念入会キャンペーンを行います!!!

♪♪♪開校3周年記念入会キャンペーン♪♪♪

◆ 45分×2回/月コース ¥10,700が初月無料!!!

さらに…
◆ 体験レッスン(30分)& 入会金¥10,500も無料!!!


いつまで出来るか分かりません!!
ヴォーカル・ギター・ベースレッスンをご希望の方は、この機会を是非ご利用ください!!!

(注意事項)
※無料体験レッスンを受講して頂き、即日入会された方に限ります。
※マンツーマンレッスンに限ります。


詳しくはスクールホームページ をチェック!

ボイストレーニング・レッスンの横浜【M2 Music School】ブログの過去のリスト

ブログを全て見る

各種お問い合わせ