ブログ

イヤホンの話 その2

2014年10月17日更新

前回ブログ「出逢いと別れ」にあった通り、これまで長らく使ってきたイヤホンに別れを告げ、新たなイヤホンでの生活が始まりました!


話は突然さかのぼりますが、学生時代使ってたイヤホンといえばラジカセやMDプレーヤーに付属してたもの。

そんなイヤホン自体に全く執着のなかった自分にとって、上京してから初めて買った1万円くらいのイヤホンには、それはそれは衝撃を受けたものです。


「値段でこうも音が違うものなのか…!!!」



クリアというか楽器の音がよく聞こえるようになったというか、さらには全体の迫力まで増したような、そんなことを感じた憶えがあります。


なので、まだ音の知識も経験も浅く単純だった自分には

高級イヤホン > 安価なイヤホン

という図式が絶対的なものとして出来あがってました。



ちなみに自分が上京した頃というと、イヤホン界ではそれまですっきりとした半球型っぽいやつが主流だったものから、イヤーピース(だったかな?汗)というゴム状のものを耳に深く入れる見た目ちょっとゴツい感じのが続々と普及していった時代でした。


もしかしたらもっと前からオーディオマニアの方たちの間では有名なものだったのかもしれないですけど、家電量販店で普通に見かけるようになったのはその頃からだった気がしてます。


いま現在大きい家電量販店にいくと、これでもかっ!!!ってくらい沢山のイヤホンがありますもんね。
しかも値段のピンキリもすごい!!
千円以下の安価なものから、ウン万円もするものまで!!しかもそのウン万円するイヤホンもかなりの数売ってたりするし!!


音楽を日頃から聴く人たちってのは今も昔も同じくらいの割合で存在してるように思うんですけど、今現在こういうものに需要があるってことは、よりいい音で聴きたいっ!!て思う人が増えてきたってことなんですかね。





おっと!!こんな話をするつもりはなかったのに、ついつい長く…汗


今日書きたかったのは、自分が新しいイヤホンに変えてみて感じたことです!!!




で、その感じたことを語る前にちょっと前置き説明。
(音楽好きな皆さんはこんな説明されなくても知ってるって方も多いと思うんですけど、初心にかえったつもりで読んでいただけると幸いです笑)

音の成分って大きくざっくり分けると、High(高音域)、Mid(中音域)、Low(低音域)の3つがあります。

下の図にも書いてみたんですが(雑ですみません汗)、楽器によって大体どの音域かが決まっています。
(シンセサイザーのように多彩な音色を作れる電子楽器では、海の底のような低音から空高くつきぬけていきそうな高音まで自在に出せちゃうので、一概にどの楽器がどの音域とは言いきれなかったりするんですけどね汗)

 
上図のようにこの3つの成分のどこかだけ主張させたりせず、均等に聴こえるようにした状態を、「フラット」って呼んだりします。
いわゆる基本!!!ってやつですね。



もひとつよく聞きそうなやつを。
 
これは3つの音域から高音域と低音域の主張を強くさせた(中音域の主張を弱くさせたとも言えますね)状態。
ドンシャリっていわれるやつです。

低音域が「ドン」って感じで、高音域が「シャリ」ってしてるからドンシャリ(っていうことだったハズ!汗)

きらびやかに鳴り響くハイハットやシンバル、そしてお腹にひびく地響きのような低音、そういう派手な音を好む人にはいいかもですね。



そして最後に私事ですが、自分の好みのセッティングです!
 
フラットに近いんですけど、そこから中音域をすこーし主張させた感じです。


自分がギターやってるのも大いに関係してると思うんですけど、曲全体の中でギターやピアノのアレンジをより細かく聞きたかったり、あとやっぱり歌を聞きたいって思っちゃうんで、こんなセッティングが好みです。




で、ここでやっとイヤホンの話に戻るんですが、自分が今まで使ってたイヤホンは、ナチュラルな状態で自分の好みに近い音だったんです。

本来フラットな音を目指して設計されたものらしかったのですけど、低音域はさほど出なくスッキリしていて、中音域から高音域がとても聴きやすいイヤホンでした。


そして新たに使いはじめたイヤホン。
こっちはいわゆるドンシャリでした。


こ、好みと真逆。。。。。。。。




だ、だがしかーし!!

iPodには音のセッティングを変えることのできるEQというものがついている!!!!!


iPodのEQの設定ではFLATからROCK,POPS,JAZZ,HIP HOPなどなどジャンルに合わせたセッティングがこれ以外にも色々と入ってて便利なんですよ!!

そこで俺が選んだEQは。。。「Piano」!!!!!!



本来はピアノメインの曲を聴くのにベストマッチなセッティングだと思われるんですけど、これにすると高音も低音も主張をそこまで奪われる事なく、中音がいい感じに主張してくるのです。



というわけでEQをPianoに!!!





あれ。。



音が。。。



割れて聴こえてくるyo。。。。。




EQで音が割れるとはこれ如何に!?



次回へ続きます!!笑



今ならM2MusicSchoolはお得なキャンペーン実施中です!!

お陰様でM2 Music Schoolも開校3周年を迎えました!
そこで。。。
☆ 赤字覚悟
☆ 毎月5名様限定
で、開校3周年記念入会キャンペーンを行います!!!

♪♪♪開校3周年記念入会キャンペーン♪♪♪

◆ 45分×2回/月コース ¥10,700が初月無料!!!

さらに…
◆ 体験レッスン(30分)& 入会金¥10,500も無料!!!


いつまで出来るか分かりません!!
ヴォーカル・ギター・ベースレッスンをご希望の方は、この機会を是非ご利用ください!!!

(注意事項)
※無料体験レッスンを受講して頂き、即日入会された方に限ります。
※マンツーマンレッスンに限ります。


詳しくはスクールホームページ をチェック!!

ボイストレーニング・レッスンの横浜【M2 Music School】ブログの過去のリスト

ブログを全て見る

各種お問い合わせ